6次産業化

natsukashiya.jpg
なつ菓子屋本舗さんサイトより
http://natukashiya-honpo.o.oo7.jp/

こんにちは。

有機物の嫌気発酵から得られるメタンと消化液を活用して循環型社会を作りたい。その思いで活動しています。

有機物を嫌気発酵すると、炭素がメタン(CH4)となって出て行き、窒素とリン酸とカリウムの比率が高い消化液が残るのですが、これは良質な肥料なので、水田に施用したいと考えています。そして、水田には冬の間も水を張って、無農薬(もしくは減農薬)、無化成肥料栽培を通じて、生態系の回復・保全の役割を果たしたいと考えています。

こうして得られたお米を、
・米粉パン
・ライスグラノーラ
・地酒、地焼酎
などの形で、環境に対する意識の高い消費者(グリーンコンシューマー)の皆様に届けるところまで、一貫してプロデュースしたいと考えています。

米粉パンは、ガス式のオーブンをお持ちのベーカリーさんに委託する方向になると思います。ガス式であれば、プロパンガスのボンベに、私たちのプラントから生じるメタンを詰めて運べば使ってもらえるはずです。

ライスグラノーラは、OEM事業をされているメーカーさんにお願いしたいと考えています。冒頭画像の「なつ菓子屋本舗」さんとは、メールでやり取りしているのですが、小ロットから引き受けてもらえるお話をいただいています。

地酒、地焼酎は、地元の造り酒屋さんで、原料米の持込みをお願いできるところを探します。以前、遊休農地活用のボランティアに参加していた際、農業委員の方と、こういう話をしていたときには、「結構やってくれるよ」とのお話でした。個人的なことを申しますと、友人と話しながら焼酎を飲むというのが僕の一番幸福な時間で、この地焼酎の実現が待ち遠しくてなりません。

この記事へのコメント